小荒井製菓の生どら焼き

素材を厳選し心をこめて

 小荒井製菓の生どら焼き

生どら焼き

 洋と西洋の劇的な融合。東洋と西洋が文化的摩擦を克服しました。生どら焼きは異文化コミュニケーションの先駆けと言えます。
冗談はさておき、こちらが古典的な生どら焼きでございます。生どらの発祥間もない初葉期、そして中葉期にかけては、所謂「生どら」と言えば、この製品のことを指していました。が、トレンドは既に過ぎ去り、今では古色蒼然としています。しかし一過性の流行現象が去った後に、雲散霧消してしまうお菓子とは違い、根強い長寿を保っています。ですからこの製品は既に定番商品としての地歩を確立していると申せましょう。これからも皆様からのご愛顧を賜れますことを、切に願うものでございます。自余の生どら焼きのラインナップと比べると確かに隔世の感はございますが、クラシカルな感慨に浸ることも、時にはよいのではないでしょうか。

 素材、技、そして丹精を込めて

   製造工程   製造工程
   △先ずは生どらの生地を正確に、迅速に、そして丹精を入魂して捏ね上げます。
    捏ね上がったら製造ラインへ
   画像の説明   画像の説明
   △充填機から生どらの生地が絞り出されます。    △焼き色をみて、火力を調整します。
   画像の説明   画像の説明
    △焼きあがった生地が陸続と流れてきます。    △次に配列の具合を見ます。
   画像の説明   画像の説明
   △クリームの充填機です。           △合わせ装置で二枚の生地が一対になります。
   画像の説明   画像の説明

そして包装をすることで、生どら焼きの一連の製造過程が終了します。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional