会社情報

什の掟

沿 革

昭和20年  先代の小荒井勘十郎がリアカーを引きながらお菓子の行商を始める。

昭和23年  みなかみ町鹿野沢に小荒井商店を創業。観光菓子を主体にした菓子製造を始める。

画像の説明

昭和25年  水上館へテナント出店を開始。

昭和31年  個人商店の法人化を図り、石狩商事有限会社を設立。

昭和40年代 卸売に着手。ホテル聚楽 松乃井ホテル 菊富士ホテル
      汪泉閣 藤屋ホテル洞元荘等へ卸売りを開始。
      売上高が飛躍的に伸びる。

昭和55年 みなかみ町湯原に現在の本店である湯原店を竣工する。
     店舗内には食堂も併設する。
     これ以降、大衆消費社会の最盛期が到来する。
     弊店もその好影響を受ける。

    〜余談ではあるが祖父がこう警世を発する。〜
     「日本は既に登るところまで登った。後は坂道を転げ落ちるだけだ。
     しかしもしかしたらたらまだ徒花を咲かせるかもしれない。
     くれぐれも油断をしてはいけない、よくよく用心し、自戒しなさい。」

昭和61年 バブル景気到来 弊店もその好影響を受ける。

平成 4年 バブル経済が崩壊する。以後「失われた10年」が到来するが、生どら焼きのヒット
     によりバブル期を凌駕する程の売上高を築いてゆくことになる。

平成 6年 生どら焼きの開発に成功する。販売をスタート。
     生どら焼きは偶然にも意想外な売れ行きを示し始める。

平成11年 あんず、ゆず、いちご、ブルーベリー等のフルーツ生どら焼きを開発

平成12年 スズランデパートよりテナント誘致がある。

平成13年 気が付いてみたら同業他店のほとんどが生どら焼きを販売している情勢が到来する。
     それのみならず観光物産店のほとんどが生どら焼き販売している状況下になる。

平成15年 群馬県伊勢崎市の妙ちくりん様と販売提携を結ぶ。
     弊店は妙ちくりん様から生大福を仕入れ、逆に妙ちくりん様は弊店から
     生どら焼きを仕入れ、販売する形になる。

平成18年 抹茶生どら焼き カフェオーレ生どら焼きを開発
      ベイシア月夜野店よりテナント誘致。

平成22年 ガナッシュショコラ生どら焼き、ティラミス生どら焼きを開発。
平成23年 キャラメル生どら焼き、モンブラン生どら焼き、カスタード生どら焼
      紫芋生どら焼き、バターどら焼きを開発
      清美オレンジカステラを開発
      アンテナショップ、「群馬ちゃん家」に出品ぐ。

平成24年 自然派ワッ フル、ピザ団子、チーズ饅 頭を開発
      太田高校文化祭へ生どら焼きを納品。

      他 県内百貨店スズラン「大群馬展」毎年出店

会社情報

●社 名      石狩商事有限会社    


●屋 号      小荒井製菓    


●業務内容     菓子製造、販売   


●創業者      小荒井勘十郎 


●設 立      西暦1948年(昭和23年)


●従業員数     13名(2012年現在)


●本社所在地    〒379-1617群馬県利根郡みなかみ町湯原1680-20


●連絡先      電話:0278-72-2143 Fax:0278-72-2146


●営業時間     8:00~18:00

マップ

  • 小荒井製菓(店舗)〒379-2143群馬県利根郡みなかみ町1680-20
小荒井製菓

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional