カテゴリー別お菓子のご案内

画像の説明

取扱商品のご案内

主要な取扱いのお菓子でございます。各商品については詳細ページもご覧下さい。

 小荒井製菓の生どら焼き

生どら焼き

 皆皆様からご愛顧を賜ってから、凡そ20年になる
製品でございます。ですから既に古色蒼然たる感があるのかも知れません。
しかし一過性の流行現象が去った後に、雲散霧消してしまうお菓子とは違い、根強い長寿を保っています。ですからこの製品は既に定番商品としての地歩を確立していると申せましょう。
これからも皆様からのご愛顧を賜れますことを、切に願うものでございます。

                 詳細

                 商品案内

 お団子

ピザ団子

 ピザ団子という名前には、申すまでもなく、珍妙な響きがあります。その語感には不思議さが漂うと同時に、悪ふざけめいた色彩もあるのかもしれません。しかし手前どもは決して戯れとしてこの製品を作っているのではありません。「真摯」と言うものを突き詰めてみた所、結果的にこのようなもの辿り着いた次第でございます。ですから曲がりなりにも「真摯」を経由している旨をご理解くださいませ。遊び心と言うものは、「真摯」を達観した後に生じるものでございます。
                 詳細

                 商品案内

 カステラ

オレンジカステラ

 上質な清美オレンジを使用しております。そのままでも美味しく頂ける清美オレンジを、敢えてお菓子のためにペースト状にしました。最高品質に肉薄するものをペースト状にしました。故にかなりの倫理的な決断を要請します。これはかなり不謹慎な試みと言えます。この犠牲に見合うものが、はたしてお菓子という文化にあるかどうかと言えば、手前どもは正直これに答えることはできません。しかしそれは一先ず置き、ともかく「オレンジ色の旋律」をお楽しみ下さい。是非、果皮の芳醇な香り、果肉の潤沢なうるおいをご賞味下さい。
                 詳細

                 商品案内

 ワッフル

自然派ワッフル

 これは凡そ洗練とは無縁な製品と申せます。無骨極まりない製品です。お菓子に纏わる世上の趨勢は、いかに洗練されたものを制作するかということです。これは論ずるを待ちません。では何故手前どもは素朴と野趣を基調とした製品を作ったのでしょうか。それは郷愁というものに思いを馳せたからに他なりません。無論、ワッフルは西洋の家庭菓子です、日本の伝統菓子でもなければ、況してや郷土菓子でもありません。しかし家族や故郷に郷愁を馳せるという行為は、世界中のどの人々にも共通している事柄と申せましょう。
                  詳細

                 商品案内

 チーズ饅頭

チーズ饅頭の写真

 チーズ饅頭においては、他社の製品では概ね植物性のチーズが使われています。

しかし手前どもは最高級に肉薄するクリームチーズを100%使用しておりますので、素材力ではどこにも負けません。ですからどうしても値が張ってしまいます。
これをご理解いただけましたら、幸甚でございます。
               
                  詳細

                 商品案内

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional